徳島県庁

 徳島県は、高齢者を対象としたインフルエンザワクチンの無料接種を10月1日からスタートさせる。新型コロナウイルスとの同時流行を防ぐのが目的で、積極的な利用を呼び掛けている。

 「定期接種」の対象となっている65歳以上と、重症化リスクのある特定の疾患を抱える60~64歳が対象。一律1600円の自己負担分を県が助成する。希望者は事前予約した上で、実施主体の市町村と契約を結ぶ医療機関で接種する。細かな手順は市町村によって異なる。

 県の調査によると、県内では今シーズンに約38万人分のワクチンを確保できる見通しで、無料接種の対象は約24万5千人。重症化しやすい高齢者のインフルエンザ罹患(りかん)を予防し、新型コロナとの同時流行による医療の逼迫(ひっぱく)を防ぐため、無償化を決めた。厚生労働省は妊婦、乳幼児、医療従事者らにも予防接種を推奨している。高齢者を対象にした無償化は、四国では香川、高知両県でも予定している。