徳島県の飯泉嘉門知事は30日、県庁で臨時会見を開き、阿南市の60代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は18日ぶり。累計感染者数は148人となった。

 県によると、男性は23日に発熱やせき、全身倦怠(けんたい)感などの症状が出た。症状が改善しないため28日に医療機関を受診し、29日にPCR検査を受け、陽性と分かった。

 男性は16~19日、妻と東京都を旅行。22日に友人2人と県内のゴルフ場でプレーした。17日以降は勤め先に出社していない。県は、妻と友人2人が濃厚接触者に当たるとみて検査する。