日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所の番付編成会議を開き、新型コロナウイルスの集団感染で秋場所を全休した玉ノ井部屋の力士について、番付を据え置くことを決めた。