原発の高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定を巡り、北海道寿都町の片岡春雄町長は1日、文献調査応募を8日に表明する方針を明らかにした。2017年に国が地層処分の適地を示した「科学的特性マップ」を公表した後、初の応募となる。