第58回『宣伝会議賞』新イメージキャラクターに決定した南沙良

 女優でモデルの南沙良(18)が、コピーライターの登竜門で、日本最大級“広告コピー”のコンテストである、第58回『宣伝会議賞』の新イメージキャラクターを務めることが決定した。

【写真特集】さまざまな表情…クール&キュートな南沙良

 広告界で活躍する、一流のコピーライターや、プロの書き手を多数輩出してきた本賞。毎回、広告業界が今注目する女優が、イメージキャラクターに起用されており、本年度は、江崎グリコ『ポッキー』や『キリン 午後の紅茶』、ソフトバンク『SoftBank学割』などのCMに出演する南が新イメージキャラクターを務める。

 今後、全国主要駅・主要書店に掲出中の公式ポスターや、月刊『宣伝会議』の表紙を飾る。なお、日本最大規模の公募広告賞である、第58回『宣伝会議賞』の応募受付は、10月1日より開始。締切は11月19日まで。

 南は「言葉は『自分らしさ』が反映されるものですよね。自分の想像力や好奇心を言葉で表現できる機会はそう多くないと思うので、ぜひたくさんの方に応募していただきたいと思います」とコメントを寄せている。

【南沙良】
「言葉には『自分らしさ』が反映される。だからこそ選ぶのも扱うのも難しい」

――普段生活する中で、「言葉」や「広告」をどのように捉えていますか?

【南】言葉を扱うって難しいな、といつも思っています。私は、自分の感情に『しっくりくる言葉』を探したり、選んだりするのに時間がかかってしまうので、言葉選びや使い方には、日々難しさを痛感しています。広告は普段から目にする身近なものですが、その中にも目を引く言葉もあれば、勇気づけられるような言葉もあって、言葉の存在感の大きさに改めて気づかされますね。

――「宣伝会議賞」に応募する皆さんにメッセージをお願いします。

【南】言葉は「自分らしさ」が反映されるものですよね。自分の想像力や好奇心を言葉で表現できる機会はそう多くないと思うので、ぜひたくさんの方に応募していただきたいと思います。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。