『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』新装彩録版の1~3巻カバーイラスト(C)三条陸、稲田浩司/集英社(C)SQUARE ENIX CO., LTD.

 10月2日より10ヶ月連続で刊行される、人気漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(原作・三条陸氏/漫画・稲田浩司氏)の新装彩録版。その第1~3巻の描き下ろしカバーイラストが公開された。

【画像】臆病なポップと勇敢なマァム…後ろの魔の手は誰?気になる第2巻イラスト

 新装彩録版は、全37巻のコミックス、7年間にわたり『週刊少年ジャンプ』に連載された物語を“バトルの決着”などの節目ごとに巻を区切り直して全25巻、5章だてにし、連載時のカラーページも再現して収録。第1章は「アバンの使徒編」(1~5巻)で、全25巻のカバーは、主人公・ダイや仲間たちの激闘と成長の物語を、作画担当・稲田浩司氏が新作イラストとして描き下ろす。

 公開された描き下ろしカバーイラストは、おののくゴメちゃんと眼光鋭く剣を構えるダイ(1巻)、勇気を持って前に踏み出すポップと狙いすまして魔弾銃を放ったマァムの2人(2巻)、自らの武を誇る獣王クロコダインとどこか憂いを帯びた表情の魔剣戦士ヒュンケルが並んだ魔王軍団長のツーショット(3巻)の姿が描かれている。また、これら1~3巻のカバーイラストを並べると、巻と巻でつながっており、壮大な冒険絵巻になっている。

 新装彩録版の発売を記念して、5日~11日の1週間、渋谷ハチ公広場と新宿駅構内で大型広告を同時展開されることが決定。ハチ公広場には、稲田氏が今回描き下ろした1~3巻のカバーイラストが特大サイズで登場。新宿駅構内では、全12種のポスターが掲出され、必殺技や呪文といったド派手なアクションシーンはもちろん、意味深い名せりふや心に刻まれる名シーンなど、作品から厳選されたカットが登場する。

 『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画で、モンスターが平和に暮らす島で勇者を夢見る少年ダイが、かつて魔王を倒した勇者アバンと出会い、仲間たちとともに復活した魔王軍との戦いに挑む冒険物語。同誌の歴代最大発行部数653万部を突破した1995年新年3・4号合併号に『ドラゴンボール』『スラムダンク』『るろうに剣心』『ジョジョの奇妙な冒険』らとともに掲載されており、ジャンプ金期を支えた作品のひとつで、単行本の累計発行部数は4700万部を突破している。

 人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの世界観・設定を基にした完全オリジナルの世界観で、『ドラクエ』シリーズの生みの親・堀井雄二氏が漫画の監修を担当。テレビアニメがTBSにて91年10月から92年9月まで放送され、原作漫画同様の激しいアクションシーンが人気を博し、91年、92年(3月、7月)に映画化。今年10月3日から28年ぶりに新作テレビアニメが放送される。

■『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』新装彩録版の発売スケジュール
1、2、3巻:10月2日
4、5巻:11月4日予定
6、7、8巻:12月4日予定
9、10巻:21年1月4日予定
11、12巻:21年2月4日予定
13、14、15巻:21年3月4日予定
16、17巻:21年4月2日予定
18、19、20巻:21年5月1日予定
21、22巻:21年6月4日予定
23、24、25巻:21年7月2日予定


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。