日本学術会議は1日の総会で、退任した山極寿一前会長の後任として、東京大教授の梶田隆章氏を新会長に選出した。