河野太郎行政改革兼規制改革担当相は1日、関税を留保したまま輸入した貨物を留め置ける「保税地域」で美術品や宝石などのオークションを開催しやすくして、外国人バイヤーなどの需要を取り込む活用策を提唱した。