輸出を待つ自動車=19年12月撮影、川崎市

 【ニューヨーク共同】日本の自動車メーカー6社が1日発表した2020年7~9月期の米新車販売台数は計143万6751台と、前年同期比13・6%減となった。新型コロナウイルス感染症が大流行した4~6月期から減少率が約20ポイント改善。生産や物流がほぼ平常時に戻ったこともあり、需要回復傾向が鮮明になった。マツダと三菱自動車はプラスを確保した。

 特に9月は前年同月より営業日が2日多かったため各社とも好調で、単月の販売台数を発表している日本メーカー4社は、いずれも前年同月の実績を上回った。