徳島対香川 先発して5回を無得点に抑え、初勝利を挙げた徳島の大木=JAバンク徳島スタジアム

 首位の徳島インディゴソックスは3日、徳島市のJAバンク徳島スタジアムで香川と対戦し、2―0で勝った。先発した1年目の大木が5回を無得点に抑え、初勝利を挙げた。通算成績は27勝21敗9分け。2位高知が愛媛を3―2で下したため、ゲーム差は3で変わらない。

 徳島は一回、1番に入った杉本の左前打を足掛かりに好機をつくり、宇佐美の中前適時打と上原敦の左犠飛で2点を先制。二回以降は淡泊な攻撃が目立ち、追加点を奪えなかった。大木は毎回安打を許しながらも粘り強い投球で後続を断ち、無得点に抑えた。六回以降は継投した森、白川、安丸、亀山が1人の出塁も許さなかった。

香川 000000000 0
徳島 200000000 2