台風22号の接近に備え、漁船をロープで係留する漁師=美波町木岐の木岐漁港

 台風22号は28日、沖縄本島の北部を通過し、その後も北上を続けた。沖縄や奄美が暴風域に入り、今後は進路を北東寄りに変えながら移動。29日にかけて西日本から東日本の広い範囲で大雨や強風の恐れがある。徳島県には同日昼すぎに最接近する見通し。気象庁は土砂災害や河川の氾濫、浸水などの被害に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風22号は勢力をほぼ維持したまま次第に速度を上げ、29日午後には四国から近畿の南へ進む。徳島県は同日明け方ごろから強風域に入り、南部では波の高さがうねりを伴い最大6メートルの大しけとなる見込み。南海上の前線の活動が活発になるため大気の状態が不安定となり、激しい雷雨となる所もある。

 徳島と東京、北九州を結ぶオーシャン東九フェリーは28日、東京発北九州行き1便を欠航。徳島と和歌山を結ぶ南海フェリーも、29日午前2時40分から午後1時40分までの上下10便の欠航を決めた。

 県南部の漁港では28日、台風の接近に備えて漁船を係留する漁業者の姿が目立った。美波町の木岐漁港では、漁師が普段よりロープの数を増やして漁船を固定していた。

 全国では日航や全日空の沖縄、九州発着便を中心に約300便が欠航し、3万8千人以上に影響が出た。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設けた。

 台風22号は28日午後6時現在、鹿児島県の奄美大島の南西約100キロを時速約30キロで北へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル。中心から半径150キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。