【徳島新聞動画はこちら】

 西日本第2の高峰・剣山(標高1955メートル)で木々が色づき、徳島県内の紅葉シーズンの始まりを告げている。6日は頂上付近の夜明け時の気温が2度と今秋一番の冷え込みとなった。

 山頂から登山リフト・西島駅付近で、カエデやナナカマドが鮮やかな赤や黄色に色づいている。剣山頂上ヒュッテの新居智次さん(62)は「来週には見ごろのピークを迎えそうだが、今後の台風の進路が気がかり」と話していた。

 今月下旬には登山口の見ノ越付近まで、山肌が錦に染まる。