電動タンカーに搭載される川崎重工業のバッテリー推進システムのイメージ

 川崎重工業は8日、世界初の電動タンカーに搭載されるバッテリー推進システムを受注したと発表した。温室効果ガスを出さないため、従来の重油を動力源とする船舶と比べて大幅に環境負荷を低減できる。旭タンカー(東京)が発注し、井村造船(小松島市)と興亜産業(香川県丸亀市)が2隻を建造する。1隻目の完成は2022年3月の予定。

 電動タンカーは電気自動車(EV)約100台分の容量があるリチウムイオン電池をエネルギーとし、推進するためのスクリューを回す。エンジンよりも点検の手間が少なくなり、人手不足が深刻な中で乗組員の負担を減らせる。災害時にバッテリーを非常用電源として活用することも検討している。

 総トン数は約499トンで、全長約60メートル。東京湾内で船舶用の燃料運搬船として使う計画だ。(共同)