強い台風14号は8日、発達しながら九州沖に進んだ。今後発達しながら北上を続け、10日朝に県内に最接近する見通し。四国の南の海上にある秋雨前線を押し上げながら近づくため、北部でも激しい雨が降る可能性がある。徳島地方気象台は土砂災害や高波などへの警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、台風は四国の南の海上を北東に進み、県内は9日明け方から10日夜にかけて強風域に入る見込み。南東からの温かく湿った空気が流れ込み、9、10両日に断続的に激しい雨が降る恐れがある。大雨警報を北部、南部とも9日夜ごろに発表する見通しで、雨のピークは10日未明から昼前とみている。

 9日午後6時までに予想される24時間雨量は多い所で北部100ミリ、南部120ミリ。10日午後6時までの24時間では北部、南部とも200~300ミリとなっている。

 9日以降は海上を中心に非常に強い風が吹くとみられ、最大風速は北部の陸上で14メートル、海上で18メートル、南部の陸上で15メートル、海上で20メートル。9日の波の高さは北部4メートル、南部7メートル、10日は北部5メートル、南部9メートル。南部では9日から大しけとなり、10日は猛烈なしけとなる。

 気象庁によると、台風は8日午後9時現在、鹿児島・種子島の東南東約260キロの海上を時速約15キロで北北東へ進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心の北西側165キロ以内と南東側110キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。