路肩が崩落した国道492号=美馬市穴吹町古宮

 徳島県美馬市穴吹町古宮生子屋敷の国道492号の路肩が13日朝、幅約2・5メートル、長さ約7メートルにわたって崩落した。県西部県民局は同日午前8時半から、同区間を全面通行止めにした。復旧は未定。迂回路は美馬市木屋平地区と吉野川市を結ぶ国道193号、木屋平からつるぎ町に抜ける国道438号などがある。

 現場は、古宮簡易郵便局から木屋平方面へ約600メートルの地点。道路下の土砂約100立方メートルが約20メートル下の穴吹川に崩れ落ちた。12日に路肩の陥没が見つかり、県民局が6トン以上の車両の通行を規制していた。

 市木屋平総合支所によると、市営バスが13日午前7時半前後に現場付近を走行。同8時ごろに通行人から路肩崩落の連絡が県民局に寄せられた。

 県民局によると、10日に県内に最接近した台風14号により、穴吹町古宮では降り始めの7日午後6時から10日午後8時までに累計190ミリの雨量を観測。この影響で、路肩が崩壊した可能性があるという。

 現場付近の国道492号は、山間部の木屋平と市中心部を結ぶ主要道。市は、市営バス穴吹・木屋平線(1日3往復)を運休にしたほか、木屋平から剣山に向かう剣山登山バス(1往復)の運行も休止した。県民局は「ガソリンスタンドへの給油や物資輸送に影響が出ていると聞いている。早急に復旧工事に取り掛かりたい」としている。