9月に徳島市の新聞放送会館で行われた「第3回徳島新聞 阿波しらさぎ文学賞」(徳島文学協会、徳島新聞社主催)の記念文学トークの動画が、徳島新聞電子版で公開された。

 登壇したのは、阿波しらさぎ文学賞の蕪木Q平さん(横浜市)徳島新聞賞のなかむらあゆみさん(徳島市)徳島文学協会賞の三浦みなみさん(埼玉県所沢市)の他、最終選考委員で芥川賞作家の吉村萬壱さんと小山田浩子さん、ゲスト作家の凪良ゆうさん、徳島新聞社の岡本光雄理事。司会は徳島文学協会長の佐々木義登さんが務めた。

 受賞作について、登壇者が感想や意見を述べる様子を約1時間50分、ノーカットで紹介している。新型コロナウイルスの影響で、作家と県外在住の受賞者は、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使ってリモート出演している。