大人気アニメ「鬼滅の刃」の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が16日に公開初日を迎え、徳島県内でも多くのファンが劇場に詰め掛けた。徳島市のイオンシネマ徳島では関連グッズを販売するコーナーが設置され、午前8時の開場と同時にファンが列を作った。

 

 映画館の入り口通路に設置されたコーナーにはキーホルダーや文具など約40種類のグッズが並べられ、1種類につき1人2個までなどの購入制限が設けられたにもかかわらず、開場1時間後には人気キャラクター煉獄杏寿郎などの一部グッズが完売となった。初回上映前の午前9時15分頃にはカウンターに豪華版パンフレットやグッズを求めて一時40人以上が並んだ。

 

 グッズ購入を目的に友人と2人で訪れた石井町の女性会社員(37)は「アニメを見て『鬼滅の刃』にはまり、漫画を全巻そろえた。ひとまず豪華版パンフレットやキーホルダーが手に入って満足。今夜1回目を見る予定で、その後も繰り返し見るつもり」と「鬼滅愛」を熱く語った。

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、県内ではシネマサンシャイン北島(北島町)とユーフォーテーブルシネマ(徳島市)でも上映されている。