サッカーJ2で首位の徳島ヴォルティスは17日午後2時から、鳴門ポカリスエットスタジアムで6位の甲府と戦う。前節、11連勝した2位福岡とは勝ち点52で並び、得失点差で上回って首位を守った。破竹の勢いで進むライバルに先を譲らないよう、選手は勝利だけを求めてピッチを駆ける。

 甲府(勝ち点39)はリーグで最も引き分けが多いものの、前節は3位北九州を3―2で破り、8試合ぶりの白星を挙げた。勢いを持って乗り込んでくる相手に対し、徳島のロドリゲス監督は「最大限の力を出して勝ち点3を目指す。われわれのプレーの質を高めていきたい」と強調。先制しながら引き分けた前節を踏まえ、チャンスを逃さない決定力をポイントに挙げた。

 福岡は18日に18位群馬と対戦。勝ち点46で並ぶ3位北九州と4位長崎は17日に直接対決する。