徳島板野署

 徳島板野署は18日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、鳴門市内の会社員の男(36)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、午前1時半ごろ、徳島市川内町平石の国道を酒気を帯びて乗用車を運転したとしている。

 署によると、交差点で信号待ちをしていた軽乗用車に追突し、計2台が関係する玉突き事故を起こした。軽乗用車の徳島市内の40代女性が同市内の病院に搬送されたが、大きなけがはない。