『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』第2話に声のみで登場するぺこぱの松陰寺太勇 (C)日本テレビ

 お笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇が、21日放送の日本テレビ系連続ドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』(毎週水曜 後10:00)第2話に、声のみで登場する。松陰寺は地上波連続ドラマ初参戦となる。

【場面カット】お茶漬けにニラレバ?元カレを食べ物に例える波瑠

 今作は『きょうは会社休みます。』『世界一難しい恋』を手がけたチームが贈る“恋愛弱者”のラブコメ第3弾。恋愛を長い事“さぼっていた”産業医・大桜美々(波瑠)が、久方ぶりにマジな恋をSNSでするのだが、その相手は顔も名前もわからない…しかし、どうやら社内にいる…という前途多難な恋。そんな美々の“恋の容疑者”となる男性キャラクターは松下、間宮、高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、渡辺大、そして及川らが演じる。

 美々はオンラインゲームで知り合った“檸檬”と名のる、顔も名前もわからない相手に、久方ぶりにSNS上でマジな恋をする。さらに檸檬はどうやら社内にいるということが判明。第1話のラストで檸檬が八木原大輝(高橋)だと勘違いした美々は、八木原に「はじめまして、檸檬さん」と告白するも、八木原は「ちげーし!」と一蹴する。

 第2話では、美々が恋する檸檬さんの声のイメージが“ぺこぱの優しいツッコミをする人”ということが明らかになる。今回、本人役として活躍している“イケボ芸人”の松陰寺が声のみで登場する。

 松陰寺は「今回、初めて声のお仕事を頂いて、僕は普段『ロンリネーース』とか『ファ・フィ・ヒュ・フェ・フォ』とか言っているので、せりふを普通にしゃべってしまっていいのかな……と、不安に思いながら収録しました。収録はとても恥ずかしかったです」と慣れない環境に戸惑ったことを告白。「これまでは野菜の“ナス”に例えられることが多かったんですが、『#リモラブ』第2話の放送が終わったら、僕、“檸檬”になっているかもしれないです! “松陰寺語”を喋っていない松陰寺はレアだと思うので、是非、みなさん聞いてください!」と呼び掛けている。

 第2話では檸檬が、八木原だと勘違いし、大恥をかいた美々。相手が誰だかわからない恋愛なんて理解できないという八木原に、「今は2次元の相手に本気で恋する時代なんだから」と強気に言い張る。そして5か月後の10月―。美々のハンドルネーム“草モチ”と、“檸檬”とのSNS上だけでのやりとりは、相手を知らないまま順調に続いていたのだが…。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。