「1票の格差」訴訟の上告審弁論のため、最高裁に入る山口邦明弁護士(前列中央)らのグループ=21日午前

 「1票の格差」が最大3・00倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審弁論が21日、最高裁大法廷(裁判長・大谷直人長官)で開かれ、原告側は「民主主義の根幹に関わる重要な問題だ」と述べ、厳格に審査するよう主張した。二つのグループの審理は即日結審し、早ければ年内にも判決が言い渡される。

 山口邦明弁護士グループの三竿径彦弁護士は弁論で「定数配分は議員自身の利害に直結し、解決には裁判所の積極的な関与が必要だ」と違憲判断を求めた。

 最高裁は2010年参院選、13年参院選をいずれも「違憲状態」と判断した。