全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスの2021年3月期の連結純損益見通しが5300億円前後の赤字となることが21日分かった。コロナ禍で国際線の需要回復が見込めないと判断し、同社として過去最大の赤字を予想する。