神奈川県綾瀬市で2月、2人乗りのバイクが道路脇の標識に衝突し、乗っていた男子高校生2人が死傷した事故で、県警は乗用車を無免許で運転し、バイクをあおって2人を死傷させたとして、21日までに、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの疑いで横浜市の防水工の少年(16)と、相模原市の大工の少年(18)を逮捕した。

 逮捕容疑は、2月16日午前3時50分ごろ、無免許で乗用車を運転し、綾瀬市の市道で前方を走る男子高校生らが乗ったバイクに接近、道路標識に衝突させ死傷させ、逃げた疑い。防水工の少年は「やったことに間違いない」、大工の少年は「認めません」と話している。