核燃料サイクル政策に関する協議会に臨む加藤官房長官(右端)と青森県の三村申吾知事(左端)ら=21日午前、首相官邸

 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出して再利用する核燃料サイクル政策に関し、政府と青森県が意見交換する協議会が21日、首相官邸で開かれ、同県の三村申吾知事はサイクル政策の堅持を求めた。

 協議会は政策上の節目などに開かれ、今回は2010年11月以来、12回目の会合。同県六ケ所村で建設中の日本原燃の使用済み核燃料再処理工場が7月に審査合格したことなどを受け、サイクル推進を要請すべく県側が開催を求めていた。

 加藤勝信官房長官は会合の冒頭、再処理工場の合格について「国にとっても県にとっても大変意義のあることだ」と強調した。