家電メーカー大手ダイソンの偽サイト=21日、消費者庁

 インターネットを通じた通信販売を利用する際、企業の公式サイトを模倣した偽サイトでトラブルに遭うケースが増えているとして、消費者庁は21日、消費者安全法に基づき家電メーカー大手ダイソンや有名家具メーカーLOWYAなどを模倣した偽サイトを公表した。同庁担当者は「価格が格安だったり、振込先口座の名義がサイト上に表示された企業名と異なったりする場合は偽サイトの可能性が高い」と注意を呼び掛けている。

 ブランド名や商品をネットで検索した際、検索結果と一緒に関連した広告が表示される「リスティング広告」で偽サイトに誘導される。