前半47分、垣田(手前)がジエゴのクロスに飛び込み2-0とする=山口市の維新みらいふスタジアム
試合終了後、今季初めてアウエーの試合の観戦に来たサポーターにあいさつをする徳島の選手= 山口市の維新みらいふスタジアム

 サッカーJ2で2位の徳島ヴォルティスは21日、山口市の維新みらいふスタジアムで山口と対戦し、3―0で完勝した。3試合ぶりの白星で勝ち点を55に伸ばした。町田と0―0で引き分けて同56とした首位福岡との勝ち点差は1に縮まった。

 徳島は攻守両面で上回った。後方から丁寧につないで主導権を握り、前半42分に右サイドでパスを受けたMF西谷和希のクロスが相手DFのオウンゴールを誘って先制。ロスタイムにはDFジエゴの左サイドからのセンタリングをFW垣田裕暉が右足で押し込んだ。後半18分には西谷がダメ押しの3点目。終盤のピンチもGK上福元直人を中心に守備陣がはね返し、3試合ぶりに完封した。

 今季初めて徳島のビジター席が設けられ、約50人のファン・サポーターが来場。大きな拍手を送って勝利を支えた。

徳島 3-0 山口
 前 2-0
 後 1-0
【得点者】オウンゴール(前半42分)、垣田裕暉(前半47分)、西谷和希(後半18分)