徳島県牟岐区検は21日、同県美波町の海岸でイセエビなどを密漁したとして、阿南市消防本部の消防司令補(34)と消防士(28)を7日付で漁業法違反(漁業権侵害)、県漁業調整規則違反の両罪で略式起訴したと発表した。牟岐簡裁は13日、消防司令補に罰金10万円、消防士に罰金5万円の略式命令を出した。21日時点で納付されていない。

 命令などによると、8月7日午前10時20分ごろから午後0時57分ごろまで、2人は同市消防本部の消防士3人と共謀し、美波町山河内の明丸海岸で漁業権や入漁権がないにもかかわらず、イセエビ2尾とサザエ9個、トコブシ2個を捕った。イセエビは採補禁止期間中だった。また、牟岐区検は共謀してイセエビなどを密漁した同市消防本部の22~26歳の消防士3人を不起訴処分にした。処分理由は明らかにしていない。