練習を公開した陸上男子やり投げのディーン元気=兵庫県尼崎市

 陸上男子やり投げで2012年ロンドン五輪9位のディーン元気(ミズノ)が22日、兵庫県尼崎市で練習を公開し、出場を目指す来夏の東京五輪に向けて「安定が絶対条件。ハイパフォーマンスでできるように仕上げていきたい」と意気込みを示した。

 練習では体幹を鍛え、短い助走からの投てきを披露した。ロンドン五輪後は故障などの影響で苦戦が続いたが、今季は8月のセイコー・ゴールデングランプリで84メートル05を投げて優勝し、復活を印象付けた。11月下旬からフィンランドでの強化を計画し「けがに気を付けてトレーニングを継続し、技術の精度を上げたい」と話した。