神奈川県は22日、同県横須賀市で15日に異臭が発生した際に採取した大気を分析した結果、ガソリンなどが蒸発したガスに含まれる化学物質が検出されたと発表した。12日に横浜市で、14日には横須賀市で異臭が発生した際に検出された物質とほぼ同じ。発生源はいずれも特定できていない。

 15日の異臭から検出されたのはイソペンタンやペンタン、ブタンで、濃度は最大で通常の3・5倍。直ちに健康に影響を及ぼすレベルではない。

 横須賀市では15日午後2時40分ごろ、市役所と消防局の庁舎で異臭を確認。大気を県環境科学センターが分析した。「ガス臭がする」との119番が15件あった。