2年連続のリーグ優勝を決めた徳島インディゴソックスは24日、高知市の高知東部球場で高知とのダブルヘッダー(七回制)に臨み、第1試合は0―3で敗れ、第2試合は5―0で快勝した。徳島の通算成績は35勝29敗11分け。

 第1試合に先発した徳島の戸田は三回に連打で1点を先取され、五回には3安打と四球などで2点を失った。戸田のシーズン2桁勝利はならなかった。

 第2試合では2点リードで迎えた七回、2死満塁の好機に佐藤が左中間を破る走者一掃の三塁打を放ち、試合を決めた。投げては先発行木ら5投手の継投で高知打線を零封した。

 徳島は25日、愛媛県宇和島市の丸山公園野球場で愛媛と今季最終戦を戦う。

(第1試合)
徳島0000000  0
高知001020☓   3

(第2試合)
徳島1001003 5
高知0000000 0