23日、ロシア・ノボシビルスクの地下鉄で、乗客のマスク着用を点検して回る警察官(タス=共同)

 【モスクワ共同】新型コロナウイルス感染者数が世界4位のロシアで、欧州と同様に第2波が拡大している。新規感染者は23日に1万7340人となり最多を記録。感染ペースは5月がピークだった第1波を上回るが、プーチン大統領は経済活動などに厳しい制限をしない方針。

 ロシア政府によると、24日現在の累計で感染者は149万7167人、死者は2万5821人。感染者の約75%は回復済みだが、新規感染者は9月中旬から再び増加に転じた。死者数も夏までは連日100人台だったが、10月中旬以降はほぼ200人台で推移、21日には過去最悪の317人を記録した。