2回ヤクルト2死満塁、山田哲が左前に2点打を放つ=神宮

 ヤクルトが両チーム計26安打の打撃戦を制した。1―0の二回に山田哲らの3者連続適時打で4得点。その後も村上の適時打などで加点した。6回2失点の小川が5年ぶりの2桁勝利。中日は前半の好機を逃し、連勝が4で止まった。