徳島中央警察署

 25日午前7時10分ごろ、徳島市八万町中津山の市道「眉山パークウェイ」で、同市の会社員の男性(41)の自転車と同市の内装業の男性(50)の自転車が接触した。会社員の男性は頭などを強く打ち、小松島市内の病院に搬送されたが、意識不明の重体。

 徳島中央署によると、現場は片側1車線で眉山山頂から約1・7キロ下った地点。見通しが悪くカーブミラーはない。右カーブの坂道を下っていた会社員の男性と、頂上へ向かっていた内装業の男性の右ハンドル同士が接触。いずれも路上で転倒した。内装業の男性にけがはなかった。

 2人とも自転車はロードバイクで、ヘルメットを着用していた。