【ワシントン共同】核兵器禁止条約の来年1月発効が決まったことを受け、米国務省当局者は24日、共同通信の取材に「条約は解決策にならない」と否定的な立場を示した。