左から石井隆一氏、川渕映子氏、新田八朗氏

 任期満了に伴う富山県知事選は25日午前7時から県内397カ所の投票所で投票が始まった。即日開票され、同日夜に大勢が判明する見通し。

 立候補しているのは、元日本海ガス社長の新人新田八朗氏(62)、非政府組織(NGO)代表の新人川渕映子氏(71)、現職石井隆一氏(74)の無所属3人。4期16年の石井県政の評価や多選の是非が争点。新田氏支持と石井氏支持で自民が割れ、1969年以来の保守分裂選挙となった。

 有権者の約4割を占める富山市の天候は晴れ。県選挙管理委員会によると、午前10時現在の投票率は7・84%で、前回同時刻を2・33ポイント上回っている。