西武に勝利し、ポーズをとるソフトバンクの周東(左)と大竹=ペイペイドーム

 パ・リーグは25日、首位ソフトバンクが7―2で西武に勝って2位以上が確定し、7年連続のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。2位ロッテがオリックスに10―1で勝ったため、優勝へのマジックナンバーは「2」となった。27日にペイペイドームで行われる1、2位直接対決でソフトバンクが勝てば3年ぶりのリーグ制覇が決まる。

 今季のパ・リーグのCSは新型コロナウイルス感染拡大で開幕が遅れた影響により、上位2チームによる縮小した形式での開催となる。