【ロンドン共同】英国の演劇界で最も権威ある「オリビエ賞」の受賞者が25日夜(日本時間26日朝)、ロンドンで発表された。彫刻家の名和晃平さんが舞台美術を担当し、最優秀新作ダンス作品賞にノミネートされていた作品「VESSEL」は受賞を逃した。

 オリビエ賞は例年春に授賞式を開催しているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、英民放ITVの特別番組と動画投稿サイト「ユーチューブ」で受賞者を発表した。

 「VESSEL」は京都を拠点に活動する名和さんと、ベルギー出身の振付師兼ダンサーのダミアン・ジャレさんらが共同制作、2016年9月に京都で初公演した。