クマの出没や人身被害が相次いでいることを受け開かれた、関係省庁の連絡会議=26日午前、東京都千代田区

 全国各地でクマの出没や人身被害が相次いでいることを受け、環境、農林水産、警察などの関係省庁が26日、事故防止に向け、実務者レベルの連絡会議を開いた。環境省は今年4~9月のクマの出没件数が全国で1万3670件に上り、2016年度以降の同時期で最多だったことを明らかにした。

 冒頭で環境省野生生物課の中尾文子課長は「国民の関心も高まっており、一層密に連携し被害防止に取り組むことが求められる」と話した。

 連絡会議は9月にも開かれた。その後も被害が増えていることを踏まえ、関係省庁間の連携を密にしていくことや、自治体の対応の在り方などについて確認することにした。