サッカーの第99回全国高校選手権徳島県大会が17日に開幕し、熱戦を繰り広げている。新型コロナウイルスの影響で夏の全国高校総体が中止となり、各チームにとっては今季、全国舞台へつながる唯一にして最後の大会。中でも3年生は集大成をぶつけようと全力を振り絞る。勝者と敗者が決まった後、努力を見守ってきた監督や、チームを率いた主将らが思いを伝えた「ラストミーティング」。健闘をたたえ、高校選手生活を振り返る言葉には、新たな出発へのエールと、青春の証しが詰まっている。

▽1回戦
生光学園4(1-0、3-0)0城北
「これで終わりじゃない 次のステージで取り戻してくれたらいい」

 

 

▽1回戦
徳島文理5(2-2、3-0)2穴吹
「このチームで勝ちたかった 次こそは勝てるチームに」

 

 

▽1回戦
阿波3(1-1、2-0)1城東
「下を向かなくていい 力負けはしていない」