田沢純一投手の記者会見場。育成ドラフトを含めて指名されなかったため使用されることはなかった=26日、埼玉県熊谷市

 プロ野球のドラフト会議は26日、東京都内のホテルで行われ、レッドソックスなど米大リーグで388試合に登板し、今季は独立リーグ、ルートインBCリーグ埼玉でプレーした34歳の田沢には指名がなかった。埼玉県熊谷市にある親会社の温浴施設に会見場が用意され、本人も裏で待機したが、名前は呼ばれなかった。

 注目度は高く、集まったメディアは50人以上。終了後、本人に代わって対応した角監督は「ショック。本人には野球人生の大きな分岐点になる」と厳しい顔。今後について本人と話し合うとし「できる限りサポートしたい」と話した。