文部科学省は27日、大学の学部ごとに「大学入学共通テストに記述式問題を出題すべきか」と質問したところ、肯定的な回答は15%にとどまり、否定的な回答が84%に上ったとの調査結果を公表した。入試改革に関する大規模な調査は初めて。