徳島地裁

 2018年11月、徳島県東みよし町の町道で乗用車を酒気帯び運転し、制限速度を約50キロ上回る速度で走行中に自損事故を起こして同乗の女子高校生を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反罪(危険運転致死傷)などに問われた同町、コンビニ店員の女(23)の裁判員裁判の判決公判が27日、徳島地裁であり、藤原美弥子裁判長は懲役5年(求刑同7年)を言い渡した。

 判決理由で藤原裁判長は、被告が呼気1リットル当たり0・3ミリグラムのアルコールが検出される状態だったにもかかわらず、時速103キロ以上の高速で走行した点を「危険かつ、無謀な運転行為だ」と厳しく非難。県立高校3年の女子生徒=当時(18)=が亡くなったことについては「重大な結果が生じており、被害者の無念さは計り知れない。両親の悲しみや苦しみも大きい」と指摘した。

 弁護側の「女子高校生が飲酒運転を承知していた」との主張については「被告人は女子高校生より年上で、(女子高校生が)運転しないよう説得することなどは現実には困難だった」と退け、減刑の理由にはならないとした。

 判決によると、18年11月28日午後11時ごろ、酒気を帯びて車を運転し、時速103キロ以上でぬれた路面を走行中にスリップさせてガードパイプに衝突。後部座席に乗っていた女子高校生を死亡させるなどした。