『花束みたいな恋をした』本ポスタービジュアル (C)2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

 俳優の菅田将暉と女優の有村架純がW主演を務める映画『花束みたいな恋をした』(2021年1月29日公開)の本予告映像と本ポスタービジュアルが28日、解禁になった。

【動画】『花束みたいな恋をした』本予告映像

 本作は、『東京ラブストーリー』(91年)、『Mother』(10年)、『最高の離婚』(13年)など多くの連続ドラマを手掛けている脚本家・坂元裕二氏が“2020年の東京”を舞台に書き下ろしたオリジナルラブストーリー。

 菅田演じる山音麦(やまね・むぎ)と有村演じる八谷絹(はちや・きぬ)は、明大前駅で終電を逃したことで偶然出会った大学生。好きな音楽や映画がほとんど同じで、恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同せいを始める。拾った猫に2人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に就職活動を続けるが──。ずっと一緒にいたいと願い続けた麦と絹が過ごした“最高の5年間”が描かれる。

 予告映像は、終電を逃して明大前駅で2人が出会うシーンからスタート。次第に仲を深めていく2人は「3回ご飯食べて告白しなかったら、ただの友だちになってしまうよって説あるし」「次は絶対に告白しようって」と意識し始め、やがて恋人に。幸せな時間を過ごす様子が映し出されていくが、最後は麦が「俺、別れたくない」と2人そろって涙するシーンで締めくくられている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。