仙台市の石炭火力発電所から排出される有害物質で健康被害を受ける恐れがあるとして、周辺住民が事業者の仙台パワーステーションに運転差し止めを求めた訴訟の判決で、仙台地裁は28日、請求を棄却した。