にゃんこスターアンゴラ村長が「30秒間でペアで交互になわとびを跳んだ回数」でギネス記録達成

 お笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長が、“プロなわとびプレーヤー”の生山ヒジキさんと「30秒間でペアで交互になわとびを跳んだ回数」で71回を記録し、ギネス世界記録を達成した。

【写真】おなじみのポーズでギネス記録達成の喜びを見せたアンゴラ村長

 アンゴラ村長と生山さんは、ともになわとびイベントに参加するなど交流があり、こうした状況下で何か明るいニュースをなわとびで作れたらということで、ともにギネスに挑戦することに。夏の間、週に2回3時間ほど集まって練習し、都合が合わない日はそれぞれ個人練習を重ね、今回ギネス認定にいたった。

 アンゴラ村長は「今回みなさんに私の頑張ったことのご報告です。なんとアンゴラ…この度なわとびでギネスを獲ることができました!!! 今回は生山ヒジキさんとタッグを組みまして2人で1本のなわとびを30秒間に何回跳べるか?という競技に挑戦しました。そして結果は…71回でギネス認定!!! すごい。これはすごいです。伝わりますように。私のギネスのすごさも、あなたが今胸に秘めてる想いも、伝わりますように。え! 素敵なこと言っちゃいました…」と喜びを表現している。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。