ナインティナイン(左から)矢部浩之、岡村隆史 (C)ORICON NewS inc.

 29日放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に出演。22日深夜放送の同番組内で、電撃婚を発表した岡村隆史(50)だが、現在出演中のNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の撮影現場で粋な祝福を受けたことを明かした。

【写真】アローン会とは?プライベート集合ショット

 コロナ禍で撮影スケジュールもタイトな中、その日の撮影の予定がギリギリまで確定しなかったこともあり、岡村は「現場に入ったんやけど、別におめでとうございますとか、そんな言葉とかないわけですよ。メイクをしていても、そんなことなくて、そんな忙しい時に発表したんや」と少し申し訳なさを感じていたと告白。「かつらつけてもらって衣装して、けっこう大がかりなセットやったから入って、そこで何か言われるのかなと思ったら、何もなくて。普通は大河をやり遂げてからする空気やろうみたいなことを思ったわけよ。それくらいの空気感やったから」と緊張の現場を振り返った。

 そんな中、徳川家康役の風間俊介からテストでいきなり「新婚生活はどうじゃ?」と向けられたという岡村は「ぼちぼちでございますって言ったら、みんなにご結婚おめでとうございますって言われて…それまでみんな何にも言うてくれへんし」と大河流の祝福に驚き。「きょうはしびれたで。その後、本番やで…」と喜びと緊張の瞬間を語っていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。