田村憲久厚生労働相

 政府が実現を目指す初診からのオンライン診療恒久化に関し、田村憲久厚生労働相は30日の閣議後会見で、かかりつけ医による診療を対象に恒久化を解禁する方針を明らかにした。29日の平井卓也デジタル改革担当相や河野太郎行政改革担当相との会談で合意した。

 田村氏は、米国や英国などで医師が過去に診たことのある患者をオンライン診療で診察している現状を挙げ「全く何も基礎知識もない中でやるのはなかなかハードルが高い」とした。平井氏と河野氏にも説明し、認識の一致を得たとしている。

 初診からのオンライン診療はコロナ禍の収束までの特例措置として今年4月解禁されていた。