徳島県庁

 徳島県教委は30日、飲酒後に車を運転して自損事故を起こした上、警察への報告を怠ったとして、県立高校の教頭(52)を同日付で停職1年の懲戒処分にするとともに、教諭に降任させた。

 県教委によると、教頭は10月16日の勤務が終わった午後7時半ごろから、徳島市内の飲食店で他校の教員ら3人と飲酒。2軒でビールや水割りなど6杯を飲み、駐車場の車内で2時間近く仮眠した後、車を運転した。

 17日午前1時ごろ、同市西大工町5で道路脇の電柱に衝突する事故を起こしたが、警察に連絡しなかった。

 事故後、現場で車外にいたところを警察官に職務質問され、飲酒検知を受けた。数値は酒気帯び運転となる値を下回っていた。県教委の担当者には17日午前2時50分ごろに校長を通じて連絡があった。

 教頭は県教委の聞き取りに対し、警察に事故を報告しなかった理由を「気が動転していた」と説明。「教員の働きがいとやる気を奪うようなことをしてしまった」と反省しているという。事故後は出勤せず、自宅待機している。

 県教委は、管理監督責任を問い、30日付で校長を文書訓告とした。

 教職員課の小倉基靖課長は「誠に遺憾。再発防止に向けた取り組みを強化徹底していく」と話した。県教委はこの不祥事を受け、11月2日に緊急のコンプライアンス会議を開く。