阿南市役所

 徳島県の阿南市は30日、美波町の海岸で伊勢エビなどを密漁したとして、漁業法違反(漁業権侵害)と県漁業調整規則違反の両罪で牟岐簡裁から罰金刑を受けた市消防本部の消防司令補(34)を2カ月の減給10%、消防士(28)を1カ月の減給10%の懲戒処分とした。不起訴処分となった22~26歳の消防士3人は、従属的立場だったとして文書訓告とした。

 市は5人の監督責任を問い、消防長ら3人を文書訓告とした。職員の不祥事を受け、表原立磨市長は11月分の給与を10%、山本俊也副市長は5%カットする。

 消防司令補ら5人は8月7日、美波町山河内の明丸海岸で、漁業権や入漁権がないにもかかわらず、伊勢エビ2尾、サザエ9個、トコブシ2個を捕った。伊勢エビは採捕禁止期間中だった。

 表原市長は「重く受け止めている。服務規律の徹底と綱紀粛正を図り、再発防止に努めたい」とのコメントを発表した。

 昨年12月の表原市長就任以降、市は同僚の現金を盗んだ消防士と、契約書の写しを偽造した市教委課長補佐らを懲戒処分にしている。