玄田哲章

 フジテレビ系『有吉くんの正直さんぽ』では、10月31日の放送(12:00)より、声優の玄田哲章が新ナレーターとして参加することが決定。2012年4月の番組開始から亡くなる少し前までナレーションを務めてきた増岡弘さん(享年83)が今年3月に直腸がんで亡くなって以降は、正直さんぽ常連ゲストの“正直ファミリー”などがリレー方式で番組ナレーターを担当してきたが、玄田が増岡さんの後を引き継ぐ形となる。

『正直さんぽ』に出演している生野陽子アナ、有吉弘行

 玄田は映画『ターミネーター』シリーズでアーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えをはじめ、アニメ『笑ゥせぇるすまんNEW』(喪黒福造)や、アニメ『クレヨンしんちゃん』(アクション仮面)などの人気作品に出演。

 玄田は、今回の抜てきを受けて「“えーっ!?”という感じで驚きました。ナレーションはいろいろやってきましたが、まず、どうしたらいいのか?と思いましたが、現場で作っていくしかないかなと臨みました。増岡弘大先輩はじめ、(ピンチヒッターの)いろいろな方々がこれまで作ってきた番組ですから、それを生かしつつ、何とか僕なりにやっていけたらいいなと思いました」と意気込み。

 記念すべき初回のナレーション録りを終えて「アップアップでした。初回でしたので、“とにかくやってみるっきゃない!”と思い、一生懸命やらせていただきました」と回顧。「僕の大先輩の増岡さんの後を引き継ぐという形なので、かなり自分では身を引き締めて、これからも、どんどん新しい情報を皆さんと楽しく共有していきたいなと思っています」と呼びかけている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。